TOP > スポンサー広告 > キーデバイス
TOP > > キーデバイス

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.12

キーデバイス

最初の一眼がオリンパスのE-330だった。
ライブビュー専用にもう一個センサーを搭載するという尖ったヤツだ。
画質的には白トビの早さにたまげたものだ。

以来E-P1、E-PL3と来たわけだが、センサーはずっとP社製だった。
弱点もちょびちょび解消されてきたと思うが、残念な部分はE-330の頃からずっと同じだった。

ところがE-M5以降はセンサーがS社製に変わったという。
そしてそれを載せたE-PL5とE-PM2が出た。
画像処理エンジンのバージョンは変わらず、ただセンサーが変わっただけだ。

センサーのメーカーが変わったのなら、残念な部分が解消されているかもしれない。
確認しなければどうにも気が済まない。
E-PL3を買ってから1年しか経っていないが、オンラインショップのポイントと10月末までの残暑見舞い割引でリーズナブルだった(と言い聞かせて)のでE-PM2をポチした。

というわけで土曜日から使い始めた。
E-330からの画質とは一見して違う。
センサーが変わっただけでこうも違うのか。

コイツはフルモデルチェンジだ・・・

あらためてデジカメにおけるセンサー(イメージャ)はキーデバイスなのであるなぁと実感した次第。

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

最初の一眼がオリンパスのE-330だった。ライブビュー専用にもう一個センサーを搭載するという尖ったヤツだ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。