TOP > スポンサー広告 > ゆるゆるっと大丹波
TOP > > ゆるゆるっと大丹波

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.07

ゆるゆるっと大丹波

手っ取り早く標高の稼げる所(=涼しい所)へ。

10080702.jpg

もっと早い時間からと毎度思っているのだが、7時半過ぎの出発。
青梅市街を抜けて川井を右折、大丹波川沿いに登坂開始。

10080701.jpg

高度を上げるにつれ日陰は快適、快適。
激坂はないけれど10%ぐらいの斜度で一本調子に登るので休む所が無い。
500mまで登って折り返し(弱)。
下界に下りてくると太陽絶好調なり。
それでも湿度が高くないのが救いかな。

武蔵村山まで戻って昼飯にやって来たのは今まで通り過ぎるばかりだった、武蔵村山市本町4の青柳さん。
10080704.jpg

ざるうどん中600円也。うま。
10080703.jpg
汁はデフォルトで肉汁となる。いかにも田舎の手打ちといった表面がざらっとした麺。

体の水分が抜ける前に12時過ぎに帰宅なり。

E-P1 MZD17mm
RNC7 81km

COMMENT

大丹波川へ入りましたか。

以前川井で、ちらっと入ろうかと思ったことも
ありますが、見上げたところで私はすぐに
断念しました。(涙
2010.08.07 | URL | たぐー #- [ 編集 ]
たぐーさん
それはもったいないことを。
車もあまり通らないし手軽に登れて良いです。
2010.08.07 | URL | iga #- [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。